日々記憶伍番地

ただの日記です。

妻が泣いた日

5月2日、私の一言で妻は涙を流した。

妻の二人目への執念を理解していなかった。

妻は常々ふたりめの子供がほしいと言っていた。保育園の行事があるごとにほかのふたりめがいる人を見るのがつらいと言っていた。毎月のできやすい日がわかるアプリでその日がわかるごとに、今月はどうだろうと言っていた。そして、それがすぎるたんびに機嫌が悪くなっていた。私は針のむしろだった。

なぜなら私がEDだからだ。いや、正確にはEDではないかもしれない、と信じたい。前々回のできやすい日、夫婦の営みをした時は、挿入まではうまく行ったが射精には至らなかった。前回は残業続き、ジムへ行った疲れで勃起する気がしないと言って断った。もちろん、妻の機嫌は悪い。これだけ見ると立派なEDだと思われる。しかし、私はパニック障害と鬱で、今、脳みその薬を飲んでいる状態なのだ。

自分の経験上、抗うつ薬は性欲減退の副作用がある。今メインで飲んでいるのは、レクサプロ、ドグマチールレキソタン。チラとネットを見てしまったが、レクサプロ、ドグマチールに関しては性欲減退や勃起不全の副作用が認められているようだ。これも再三妻に説明したが今ひとつ理解されない。

一人目が出来た頃は薬をあまり飲んでいなかった。以前はフリーだったし、フリーに限界を感じ就職した会社でもストレスのない生活を送っていた。しかし、会社でもグループのポジションがかわり、難易度の高い仕事が増えはじめ、それについていけずに人事評価が下がったこと。そして一人目が出来たことによる環境の変化、引っ越し、母が統合失調症にかかる等あり、もともとパニック障害を持っていた私は簡単に鬱になってしまった。

それから試行錯誤の末、今、お世話になっている病院にたどり着き、今の処方に落ち着いた。かれこれ2年近く飲んでいて、今はゆっくりと薬を減らす段階まで来ている。治療が終わるまで

それでも何かあるたびに、その月のできやすい日が来るたびに色々いわれ、私は正直、ストレスだった。

そして、今月のできやすい日が近づいたGW前日、またグチグチと、あなたがふたり目についてどう思っているか今度真剣に話し合いたいとか、待ってくれといわれても気持ちの持っていき方がわからないから、諦めるくらいの気持ちでいた方がいいのか、といわれた。子供がいる前で。私も言葉が多い方ではないので、それなら諦めるくらいの気持ちでいてくれと言った。

妻は泣いた。

その後、風呂から上がった妻は、私の携帯を取り上げ、その月に一度のできやすい日がわかるアプリを消し、子宝のお守りを捨てた。

こちらとしては、妊娠しにくい女性に、なぜ、妊娠しないのかねーと責めるのと同じ行為をされ続けて、挙句加害者にされた気分だ。書いてても腹が立つ。

正直、養育費とか慰謝料とか問題がなければ、どちらかが離婚しようと言えばすぐに成立するだろう。

それでも、生活は続いていく。